Dave Skipper

Dave Skipper

デイヴ・スキッパーは2010年に日本へ越してきて以来、ノイズシーンを中心に東京のアンダーグラウンド音楽イベントで100回以上の演奏をこなしてきた。2013年、彼は日本のモジュラーシンセの現状をより活性化させるビジョンを得る、そしてその年、Tokyo Festival of Modularは始まった。Daveが担当するのは海外の多くのモジュラーカンパニーを日本へ招き、初来日や日本初の製品発表も実現、同様に国際的に活躍し、評価を受けるアーティストを招きフェスティバルでのライブを実現し、それこそがTFoMを特徴づけ、成功を裏付けたのである。今年のTFoMのメインアクトでもあった、Eat StaticはDave skipperのオリジナル素材から2曲のリミックストラックをレコーディングしている。デイヴのモジュラーシステムは何年間も親交を深めているPittsburghのモジュールでほぼ構成されている。デイヴのプロジェクトINFINITY A.D.はアグレッシブでダイナミックなノイズテクスチャーとヘビービートで構成され、そのサウンドはPan SonicやSun Raなどの著名なアーティストと比較される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA