世界各国からモジュラーシンセメーカー、ショップ、アーティストが東京に集結するモジュラーシンセの祭典

The international modular synthesizewr festival with developers, makers, shops and performing artists

2019年11月16日(土)、17日(日)の2日間、今年で7年目を迎えるモジュラーシンセサイザーの祭典『Tokyo Festival of Modular(以下TFoM)2019』が、東京・渋谷のスタジオ「Mission」、クラブ「Contact」を会場に開催。
現在のモジュラーシンセサイザーは、いわゆる一般的なシンセサイザーの原形であった巨大なシンセサイザーが様々な形に進化したもので、直接リアルタイムにコントロールしながら機能や独自の音を自在に作り上げる楽器。

 

各機能に特化して開発されたシンセサイザーの構成要素を進化させたものや、シンセサイザーでは表現できないようなことも、各モジュールを自由に組み合わせパッチケーブルでつなぎ演奏者オリジナルのモジュラーシンセで実現でき、
その面白さと可能性にアーティストやクリエイターからますます注目が集まっている。

 

The 7th edition of Tokyo Festival of Modular will be held at Studio Mission and Club Contact, Tokyo, on Saturday 16th and Sunday 17th November 2019.
The modern modular synthesiser is an evolution of the big old modular systems. It is a deep instrument that allows the creation of complex functions and original sounds by connecting various modules with cables and then controlling them in realtime.
With a wide variety of different modules developed for specific functions, it has become the instruments of choice for many musicians and sound designers. Each customised system can create unique sounds which would be difficult or impossible to recreate on regular keyboard synthesisers.

 

今年の『TFoM2019』は、世界各国から50以上ものモジュラーシンセメーカー、ショップなどが東京、渋谷に一堂に集い、機器の展示、デモ、レクチャー、ライブ演奏が「Studio Mission」と同じビル内のクラブ「Contact」にて行なわれる。
最新の電子楽器や機器を体験できたり、ビギナー向けのブースも設置されるので、モジュラーシンセを含めた最新の楽器の動向をいち早く体感することができる。

 

TFoM2019 will be held in Studio Mission and Club Contact in Shibuya, Tokyo. Over 50 modular synth developers, makers, and shops will come together for exhibition, demonstration, and lectures, plus live events with over 30 modular artists.
you can experienced the latest electronic instruments and devices also we will have begginer booth with patchbooks and our TFoM team ready to help you.

4ms
CLOCK FACE MODULAR
Cwejman
MOOG
PERFECT CIRCUIT AUDIO
ROLAND

1010 MUSIC
ABLETON
BEAST-TEK INTRUMENTS
BEFACO
BEHRINGER
BLACK CORPORATION
CENTREVILLAGE
DIRIGENT
EARTHQUAKE DEVICES
ELECTORI
ELECTRON
EMITUM
ERICA SYNTH
ERROR INSTRUMENTS
FUKUSANKIGYO / FIVE G
FRAP TOOLS
G200KG
GINKO
HIKARI INSTRUMENTS
IK MULTIMEDIA
KORG
LEAF AUDIO
MEDIA INTEGRATION
宮地楽器
NORD KEYBOARDS
NORTH COAST SYNTHESIS
OSC兄弟
OSCILLOSAURUS
PITTSBURGH MODULAR
QUICCO SOUND
S&K INSTRUMENTS
島村楽器
SYNTHROTEK
TEENAGE ENGINEERING
TENDERFOOT ELECTRONICS
THONK
TOKYO TAPE MUSIC CENTER
UMBRELLA COMPANY
VIVICAT GREEN
XOR ELECTRONICS
WORNG
WYWS
YAMAHA
ZLOB

 

ライブのラインナップも豪華だ。Contactのフロア「Studio X」「Contact」「Foyer」で、国内外から招聘した個性豊かなアーティストが、モジュラーシンセを駆使したライブを披露する。
今年の『TFoM』のコンセプトは、”Within and Beyond”。注目すべきは、LAミニマルシーンの立役者であり、フロアを埋め尽くす激しいダンストラックからアンビエント、先鋭的なプロジェクトまで様々なスタイルと名義で活躍している
カリフォルニアの鬼才 Drumcell / Hypoxia。Drumcell、Hypoxiaや、Belief Defect (Raster)での活動でも知られる彼の日本初となるモジュラーシンセによるライブを披露。また、電子音楽機器の紹介やクリエイター達へのインタビューをおこなうTRASH AUDIOの中心人物でもあり、キュレーターなども務める電子音楽家/サウンドデザイナー Surachaiが初来日し、 A/V Liveを行う。
オランダのユトレヒトでチェロとモジュラーシンセサイザーによる実験的なアプローチと作品でも知られるMaarten Vosも初来日となる。一方、昨年最もダンスフロアを踊らせるライブを披露した出演者の1人であるKabukiが更にアップデートされたパフォーマンスでフロアを揺らす。その他、国内外問わず、コンセプトに合致した多種多様なパフォーマンスやメーカーがオススメするアーティストのライブも予定されている。
音ばかりではなく、サウンドとシンクロし、刻々と変化する会場内に投影されるビジュアルもまた、モジュラーシンセアーティストのVJによるもの。鮮烈な音と映像に包まれる体験は、『TFoM』のステージならでは。

 

All 3 rooms at Club Contact – “Studio X”, “Contact”, and “Foyer” – will provide a great live lineup made of unique artists, invited from both Japan and abroad, to perform a diverse range of music on their individual modular systems.
The concept of “TFoM” this year is “Within and Beyond”.
Drumcell / Hypoxia is a notable Californian musician who is a leading player in the LA minimal scene, known for his activities at Belief Defect (Raster). He is active across a variety of styles, from intense dance tracks that fill the floor to ambient and cutting-edge projects. Drumcell will play at TFoM as “Hypoxia” for his first modular synthesiser live show in Japan.
Surachai is an electronic musician and sound designer who is the central figure of TRASH AUDIO. Coming to Japan for the forst time, he will show us his mix of modular sampling and sound mangling as he performs his intense audiovisual live set.
Maarten Vos, part of an exciting movement of artists from his hometown in Utrecht, Holland, is known as much for his outlier, exploratory approach to the cello as his experimental ambient work with modular synthesisers.
In addition we will be hosting a special night of live performances directly from overseas modular synth designers.
Kabuki, from Germany, will shake the floor with an updated performance after his crowd-pleasing TFoM debut last year.
In addition we will be hosting a special night of live performances directly from overseas modular synth designers.
As at TFoM2018 we will have lectures and demonstrations with artists and makers, so if you have any questions related to using modular gear you can ask directly!
We will have interviews with Surachai and Doravideo about their approach to live performances, as well as presentations and product news with some of the makers.

 

このほかにも、『TFoM2019』でしか見ることのできない展示、ライブ、レクチャー・プログラムが2日間目白押しとなっている。

 

Only at TFoM2019 you will find 2 full days of hands-on exhibition, lecture programme, and live performances, all centred around modular synthesisers!

 

聴いたことのない音楽とその可能性に興味がある人、機器をフィジカルに動かして音で遊んでみたい人、壁のような機材と色とりどりのパッチング・ケーブルに関心のある人、映像、光、その他の新たな表現をしてみたい人……
などなど、少しでも興味を持つポイントがあれば、初心者の人も臆せずこの機会にぜひ足を運んでみて欲しい。

 

【イベント概要】

Who is TFoM for? People who have never listened to modular synth music, as well those who are already interested in it. People who want to play with electronic sounds with a physical hands-on experience. People who are interested in wall-like equipment, colourful patch cables, blinking lights, knobs and switches. Anyone who wants to explore and make new expressions in sound…

 

Hypoxia (Drumcell)
Surachai
Satoshi Tomiie
Maarten Vos
Kabuki
Roel Funcken
Asterisk Untitled
Richard Nicol
Frap Tools
Michael Johnsen
WYWS
Betasquare
The Swedish Movements
Ginko Synthese
Morgan McWaters
Takahisa Mitsumori
Hojoiwa
Daliepy
Lef!!!Crew!!!
Naoki Nomoto
Yuujin
Madzine
Tinclocks
Isei Ben
Halt!Run!
K2
Renick Bell
Eishi Segawa
Hiroshi Hasegawa
Sakaguchi
Plugman
Kaz X
Kawa

 

<エキシビジョン/ブース展示  Interview>
2019年11月16日(土)、17日(日)開場12時~閉場18時(両日)

<レクチャータイム>

2019年11月16日(土)、17(日)12時30分開始予定

Studio Mission
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 7F

2018-11-16
12:30-13:15


※上記について一部のみ抜粋。変更になることがありますご了承ください

<コンサートタイム>
2019年11月16日(土)開場/開演 17時 終演 21時予定
2019年11月17日(日)開場/開演 17時 終演 22時予定

Contact Tokyo
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F (Studio Missionと同ビル)
OPEN 17:00 CLOSE 21:00 ADVANCE 2DAY PASS ¥5000 (+1D ¥600) DOOR ¥3000 (+1D ¥600)
チケット情報、タイムスケジュール詳細、出展社情報は

『Tokyo Festival of Modular 2019』
★両日券 (¥5000) / 当日券 各日 (¥3000)
・展示会、コンサート両会場共通
・Contact、Missionの各会場入り口でご購入ください(前売りなし)。
・Contact入場時にはエントランスにて1ドリンクチケット (¥600) をご購入いただきます。
ADVANCE 2DAY PASS ¥5000 (+1D ¥600) DOOR ¥3000 (+1D ¥600)
https://tfom.info/