ULU a.k.a Tateyama

ULU a.k.a TATEYAMA 13歳の頃にアナログシンセを手に入れ、当時のオープンリールのテープを切り貼りなどしながら楽曲編集を始める。 90年代初頭にアンビエントミュージックとアシッドハウスに影響を受け本格的にトラック制作とアンビエントパーティのオーガナイズを始め、DJに於いては国内外のクラブ等でプレイ、またRainbow2000、Nagisa、Fuji Rock Festival、春風などのフェスティバルや、国内外数多くのイベント/パーティに出演。93年Planchette名義で「Overdrive 01」のアシッドテクノアルバムをリリース、94年「Rolita/Pinkgrapefuits ep」(Natural-Hi Records)等をNYにてリリース、95年DJ TATEYAMA名義でDJミックスアルバム”Plus Alpha”をリリース。96年、ボアダムスのメンバーらとともに即興エレクトリックファンクバンド”AOA”の結成、シンセサイザー/マニュピレーターとして、以後2000年までに5枚のアルバムをリリース、2000年にオーストラリアツアーを敢行。 ダブミキサー/マルチプレーヤー/キーボーディスととして、イハールコネクト、Pillgrimm、ZaCafe、凄いジャングル、70年代ジャーマンプログレ界の重鎮マニ・ノイマイヤーとのバンド『Amanogawa』ではアルバム”Eins”(Comma)を05年にリリース、2004年自コンピレーションアルバム”Atmosfero”(Nulorecords/ポリスター3D)のプロデュース。 2000年より自作シンセ製作を始め、各地にて発振活動を行う傍ら、数多くのミュージシャンとのセッションを行っている。