Nobuhiko Nakayama

ナカヤマ・ノブヒコ / Nobuhiko Nakayama
「フリースタイル・モジュラー・エレクトロ」
free style modular electro」
アナログと生まれたばかりのデジタル技術が混在する怒涛の 80年代シンセサイザー・ルネッサンスの頃よりシンセサイザー・プログラマーとしてのキャリアをスタート、多くのレコーディングに参加。以来35年にわたりプロフェッショナルとして第一線の 現場で活動を続けている。 近年は実験的音楽ユニット「電子海面」「Geschnin」及び ソロの活動を通じて、ライブパフォーマンスにおけるモジュ ラーシンセシスの可能性を追求してきた。 見えてきたものは 既成概念の枠を超えた新しい音楽の価値観、予定調和の排除、一回性の重視、自力と他力。 音楽は演奏でも操作でもなく機械との対話から生まれて来る。

Started a career as a synthesizer programmer from the 80s. That was just synthesizer renaissance age,mixed analog and digital technology just born, participated in many recordings. Since then, I have been working as a professional at the front line for over 35 years. Recently I had pursued the possibility of modular synthesis in live performance through experimental music unit “Denshikaimen”, “Geschnin” and solo activities. The theme of performance is the value of new music beyond the boundaries of established concepts. Music comes from the dialogue with the machine.