Hisashi Saito

齋藤久師 (Hisashi Saito)

Non-expected improvisation dance music

Hisashi Saito プロフィール:
91年アルバム『GULT DEP』でビクター・エンターテイメントよりデビュー。 日本ではシンセサイザー、リズムマシーンに関しての知識、演奏で地位を確立している。 「galcid」のプロデューサーのみならず共に奏者としても、国内外の公演に参加。
著書「DTM テクニック 99 (リットーミュージック)」や、CM〜映画音楽の他、シンセサイザーを始めとする電子楽 器の知識を活かし Roland 社を始めとする機材の開発などサウンド・プロデュースなど、活動は多岐に渡る。 また、88 年より Gold, Cave, Endmax などのクラブで、テクノ DJ という存在があまりなかった頃からキャリアを スタートしていた経歴を持つ。その後、ライブ活動と音楽制作に専念するために DJ 活動を封印していたが、2016 年 10 月 12 日@DOMMUNE にて復活。そのスタイルは、シンセマエストロでもある齋藤久師の真骨頂を発揮した 『Vinyl/Synthsizer』を確立させた。

Hisashi Saito: http://www.hisacid.com/
The synthesizer maestro in Japan. Debut in 1991 with the album “GULT DEP”from JVC.
Not only produced “galcid” but also played with them in domestic and overseas. The produce skill for electronic music is highly praised by Karl Hyde(Underworld) and other artists.
Published a book “DTM techniques 99′′ from Ritto Music Publishing company. Produced music for commercial and movies and directed to develop audio equipment for Roland and other companies, he takes an active part in various fields as a musician.Also, as a techno DJ since 1988, he used to play in legendary clubs in Japan. Now He combined his DJ career and the tons of experiences as a synthesizer maestro, and made really unique and original performace style.